アイコン 朱鷺の苑のこころ 社会に向けた取り組み
ソーラーシステム・太陽光発電の活用
太陽光発電システム ソーラーシステム

朱鷺の苑グループの自然エネルギーの積極活用は、「あすなろ学園」建設時から始まりました。
ソーラーシステム(太陽熱給湯システム)はグループ内全施設、太陽光発電システムは、2施設に整備。自然の中からいただいたエネルギーを利用して地下水から温水を作るなど、先駆的な取り組みを続けています。

ガス自動車・電気自動車の導入

二酸化炭素排出量削減など、環境負荷を小さくすることができるガス自動車(5台)と電気自動車(1台)を業務用に導入しました。利用者様の送迎やお弁当の配達など市内を走り回って活躍しています。

駐車場屋上の緑化
駐車場屋上

新館駐車場の屋上には、季節の草花でお洒落なつがいの朱鷺をデザインした緑化区画が設けられています。
これは、ヒートアイランド現象抑止を目的に金沢市の補助金事業として行われたもので、水やりなどの手間がほとんど必要ないうえ、1年中緑が利用者様の目を楽しませてくれます。

活発な交流・視察の受け入れ
海外研修 視察

県や市などの自治体と協力し、中国や韓国、台湾などからの視察を受け入れしています。朱鷺の苑グループの福祉のあり方を見学いただいたり、職員が足ツボマッサージを習わせてもらったりと、福祉を通じて互いに学びを深めています。
その他理事長自らさまざまな人脈を通じて、多方面・多業種の方々との交流を深めています。

TOPへ戻る