アイコン 介護福祉士実務者研修
制度・研修について
介護福祉士の受験資格(実務者研修が必須となります)
 介護福祉士の資格取得制度が変わりました

介護福祉士の資質向上を図る観点から、平成28年度より実務経験に加えた「実務者研修」の修了が受験資格の要件となりました。
実務経験3年以上かつ実務者研修を修了した方が受験資格を取得できます。

 研修方法

研修は通信課程とし、通信学習(自宅学習)・スク-リング(通学)を組み合わせての研修です。多くの通学を強いられることがなく働きながらでも計画的に取り組むことが出来ます。

 受講のメリット

1.介護福祉士国家試験受験資格の取得及び国家試験への準備を進めることが出来ます。

2.介護福祉士国家試験の実技試験が免除となります。

3.訪問介護事業所のサービス提供責任者資格取得が出来ます。

4.医療的ケアを履修することで、喀痰吸引等の基本研修である第1号・第2号研修が免除となり、その後の実地研修に繋ぐことが出来ます。

 募集期間及び受講手続き

【募集期間】

・平成29年3月1日(水)~4月20日(木)

 

【受 付】

・実務者研修受講申込書に必要事項を記載頂き、本部事務所へ持参、郵送、Fax、ホーム・ページ等で受付致します。(保有している資格証の写しも添付ください。)

 

【受講決定】

・4月20日(木)の締め切り後、受講申込書等の内容確認の上、【受講決定通知書】 を送付致します。

TOPへ戻る